外壁・屋根塗装

雨風や直射日光を毎日浴びている外壁や屋根。
建物を構成する建材の耐久性が維持できるのは、そのような外的要因を全て“表面塗膜”が弾き返しているからなのです。
そんな表面塗膜にも寿命がありますので、劣化する前に塗り替え工事を行うことが重要となります。

建物の外側にある屋根や外壁は、部屋の中とは違って毎日目にする部分ではないもの。
それだけに劣化が進んでいるのを見逃してしまい、雨漏りが起こってから気付くケースも少なくありません。

もしも以下のような症状を発見したら、直ぐに当社までご連絡ください。

◆こんな症状は塗り替えのサイン!外壁・屋根のセルフチェック


◎屋根や外壁の色あせ
塗装表面にツヤがないということは、防水性や防錆性の効きが低下している証拠です。
そろそろ塗り替えの準備をしておきましょう。

◎外壁のひび割れ
主にモルタル外壁に多く見られる症状で、水分が建物内部に染み込みやすい状態です。
壁材がむき出しになっている場合は、ひび割れを丁寧に補修したあと、塗料でカバーしていきます。

◎塗装の膨れ
塗装時に水分が残っていた場合などによく起こる症状です。
湿気が多い梅雨時期に施工期間が重なっていた場合は注意が必要です。

◎塗装の剥がれ・めくれ
膨れと同じ原因で起こることが多いですが、屋根材・壁材に合っていない塗料を使用した場合にも表れます。

◎コケ・カビ
屋根や外壁にコケ・カビが出来ている場合は表面の含水率が上がっている状態です。
防水性・抗菌性が切れている証拠ですので、早急に塗り替えをする必要があります。

◎雨漏り
屋根のトラブルが原因で起こることが多い雨漏り。
屋根は外壁より高い位置にある分、雨風や直射日光の影響を直接受けやすい部分でもあります。
外壁よりもグレードの高い塗料を使うことで、外壁の塗り替えとタイミングを合わせるのが一般的。
お部屋のあちこちで雨漏りがあるようでしたら塗装では手に負えませんが、部分的な症状なら補修・塗装で耐久性を維持できます。

◎腐食
上記のような症状を放置してしまうと、建物内部に水分が浸入し、下地や躯体部分を腐らせてしまいます。
シロアリを招く原因や、最悪の場合は倒壊する可能性もあります。
こうなる前に適切なタイミングで塗り替え工事を行いましょう。



□■ご相談・お見積り無料■□
【代表直通】 090-2114-8868
【電話番号】 0725-41-1025
【メール】 こちらより24時間受付中≫
【対応エリア】 和泉市・泉大津市を中心とした大阪府一円

窯業系サイディング≫ 金属系サイディング≫ 木質系サイディング≫ 樹脂系サイディング≫ 外壁・屋根塗装≫ 屋根工事≫ 内装リフォーム≫

一覧に戻る

▲TOPへ